201903.06Wed.

アート作品の価値を複数人で保有できるプラットフォーム「ARTGATE」サービス提供開始

株式会社ART GATE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、2019年3月6日(水)より、アート作品のオーナー権を少額から購入し、複数人で共同保有ができるプラットフォーム「ARTGATE (アートゲート)」のサービス開始をお知らせします。

ARTGATE

■ ARTGATE とは
プロ監修のもと、国内外から選定されたアート作品の価値をオーナー権(※1)として少額から購入で き、共同保有ができるプラットフォームサービスです。これまで、アート作品の保有は一人が一つの作品を購入し、特に高額なアート作品を保有するには購入資金やスペースの確保に加え、継続的な維持費も必要でした。このたびサービスを開始する「ARTGATE」を利用することで、個人所有の障壁を超え、より多くの人がアート作品のオーナー権を保有することが可能となります。

ARTGATE

■ 「ARTGATE」が提供するサービス
・将来性のあるアート作品の選定
・専門家による作品解説や、アート市場分析
・オーナー権保有者に与えられる優待(作品鑑賞の機会など)の提供
・アート作品の保管や展示
・作品管理のためのポートフォリオ機能

■ 日本アート市場の活性化のため、アートと人の繋がりを創出
日本におけるアート展示会の来場者数は世界でトップクラスを誇り、アートへの認知・関心など見に行く文化はあるものの、アートを購入するというカルチャーが定着していないのが日本の現状です。
2017年度の世界の美術品市場における市場規模が約7兆円あるのに対し、日本における割合はわずか2.8%の約2,003億円(※2)にとどまっています。また、世界では市場評価の高いアート作品は「ディフェンシブな 資産」として保有されるのがスタンダードです。

私たちはその資産性にも着目しながら「ARTGATE」を 通して、これまでアートの購入・保有に対してハードルがあった方々へ、より多くの作品購入機会を提供することで、国内のアート市場活性化に向けて尽力してまいります。

※1 オーナー権とは、各作品に紐づく優待を受けられる会員権です。優待内容は作品によって異なりますが、イベントでの作品鑑賞や個別での鑑賞機会などを準備予定です。
※2 UBS調べ The Art Market 2018、一般社団法人アート東京調べ日本のアート産業に関する市場レポート2018より引用。

「ARTGATE」サービスサイトへ
» ARTGATE